Takano

Alexandriteとは


アレキサンドライトが発見されたのは1830年。場所はウラル山脈にあるエメラルドの鉱山であった。
発見日がロシアの皇帝アレキサンダー2世の誕生日だったことから世にも希な存在の石にふさわしい名としてアレキサンドライトと名付けられた。
光の違いによって二色に変化し、昼と夜でまったく異なる表情をみせてくれる。人間はそこに宝石の神秘の極致を垣間見る。





このウィンドウを閉じる